モラビト

王室・芸能人に愛用されているパリの老舗ブランド

ネット通販だから品揃えが豊富です!

モラビトはフランスのバッグブランドです。

 

 

バッグはビジネス用、トラベル用、ハンドバッグ、財布や革小物、アクセサリーまで、パリのメゾン形式の上品でシックなテイストが光ります。

 

 

創業者のジャン・バティスト・モラビトが宝飾の職人からスタートしたことを背景に、バッグの素材にも、金、銀、サンゴ、べっ甲などを取り入れ、繊細な細工を施したことに、その由来があります。

 

 

ダイヤモンドの口金のあるハンドバッグなど、モラビトならではの優雅で高品質なアクセサリーとしてのバッグデザインが、今日のモラビトのカラーにも貫かれていると言えます。

 

 

エレガンスで、エスプリのきいたバッグを探しているなら、モラビトのバッグをおすすめします。

 

 

1880年創業の歴史と伝統のあるカバン屋さんです。

 

 

アトリエで作られていた宝飾細工とトランクは、フランス社交界を中心に、一斉を風靡します。

 

 

1950年代には、マリリン・モンローがタウンと旅行兼用でモテル、化粧品が入るボックスタイプのバッグをオーダーし、これをオルセーと名付けたことで、一躍有名になりました。

モラビト(MORABITO)エレガントな高級バッグ

旅の始まりはオルセー駅からというイメージで名づけられたというこのボックスタイプのバッグは、今でもたくさんの女性を魅了しています。

 

 

モラビトの定番のバッグ類は、皮革素材の上等さだけでなく、箱型のクラシックなフォルムや、留め金やベルト通しに見られる金具類のユニークさが魅力です。

 

 

どんなシーンでも存在感を示し、なおかつシンプルに持つ人のたたずまいを引き立たせる、独特のシックなバッグ類です。

 

 

ビジネス用のA4サイズがすっぽり入る機能的なバッグが欲しいけれど、女性らしさが感じられない無味乾燥なバッグは欲しくない。

 

 

ちょっと出かけるときのための小ぶりなバッグが欲しいけれど、色がきれいで、形がきれいなものが欲しい。

 

 

パーティドレスを着るときのために、小さ目で華やかなバッグが欲しい。

 

 

そんなオケージョン用のバッグは、やはりフランス製のものにはかないません。

 

 

モラビトの公式サイトからなら、日本中どこからでも優雅なバッグをオーダーすることができます。おすすめします。

モラビト ニューコレクション続々登場!

質感のあふれるデザインとクオリティのいろいろなレザーアイテム。

 

 

レザーアイテムも、こだわればいろいろと目に付く部分がありますよね?!

 

 

使われている素材、デザインモチーフ、深みのあるカラーリング・・・etc.

 

 

そんないろいろなファクターが存在するレザーアイテムだからこそ、それをもつ人のこだわりやセンスを見ることができるともいえます。

 

 

レザーアイテムにこだわってる方、東京ミッドタウンや帝国ホテルにも出店している高級ブランドの【MORABITO(モラビト)】のレザーアイテムはいかがでしょうか。

 

 

最高の素材はもちろんのことながら、熟練の職人がパリのアトリエでいまもひとつひとつ丁寧につくりあげている【MORABITO(モラビト)】のレザーアイテムの数々。

 

 

深みを持った類を見ないほどの美しい色合いを表現する染色する方法、2本取りした糸をクロスさせながら縫い上げていく「モラビト・メゾット」と呼ばれる独自の縫製技法とあわせて、【MORABITO(モラビト)】でなければ表現することのできない独自の世界観を創造しています。

 

レディースだけでなくメンズバッグも販売

そんな独自の世界観を持つレザーアイテムの中で、1946年から半世紀にわたり愛され続けているのがクロコダイルの革を贅沢にあしらった「VENDOME (ヴァンドーム)」。

 

 

ポンピドゥー大統領夫人から昭和天皇にも贈られたほどの由緒正しきバッグ。

 

 

1956年から愛されている「ORSAY(オルセー)」は、当時顧客であったマリリンモンローから「化粧品が入れられて旅行に持っていくことの出きるヴァニティケースがほしい」というオーダーから生まれた逸品。

 

 

そんな「旅」を象徴して、パリの古い駅名である「オルセー」というネーミングにされたそうです。

 

 

こんな数々のハイエンドなレザーアイテムを生み出し続ける【MORABITO(モラビト)】。

 

 

ただの高級ブランドとは異なる華やかな歴史を彩った著名人たちが愛したレザーを自分のものにしてみませんか・・・?!

 

 

>>モラビト通販オンラインショップはコチラから<<